洗顔方法

Pocket

ニキビ跡ができてしまうスキンケアの中で、
時に注意していただきたいのが、間違った洗顔をしている場合です。

ニキビが出来た、顔を洗わなくちゃと思うのは当たり前のことですが、
それが裏目に出てしまうことで、せっせとニキビ跡を作ってしまっている
可能性が大いにあります。

そこで、洗顔方法について、改めてチェックをしてみてください。
まずは、ニキビができたからと言って、
1日3回以上洗顔をしている場合。
これは、はっきり言って洗い過ぎです。

それほど洗顔をしなくてはならない汚れはありませんし、
本来顔の肌になくてはならない栄養をすべて洗い流している可能性があります。
また、ゴシゴシ洗ったり、手洗い前の手での洗顔。

洗顔の基本は、こするのではなく汚れなどを落とすだけです。
こすっている方は、即刻やめましょう。
また、ばい菌のついた手の洗顔は、菌を顔につけている状態になります。
キレイに手を洗ってから洗顔しましょう。

ニキビがあるからと言って、洗顔に神経を使い、
1回何分間も洗ったり、お湯で洗うなど、すべてニキビには逆効果のことばかりです。

正しい洗顔をしないばかりに、ニキビを悪化させて、
ニキビ跡ができやすい状態に持って行っていることになります。
また、その洗顔料、本当に肌に合っていますか?

石けんでゴシゴシ、1日3回、それも熱いお湯ということであれば、
毎日ニキビ跡を作っていることになります。

洗顔方法を見直すだけでも、ニキビの治りがよくなり、
ニキビ跡もできづらくなります。