クレータータイプ

Pocket

ニキビ跡で、悲惨ですが、結構多いのがクレータータイプでしょう。
肌が凸凹になって、見た目にも勘弁といったところです。
この、クレーターは、ニキビが炎症を起こして、という段階ではなく、
皮膚組織まで破壊をしてまっている状態なのです。

ニキビがかなり悪化していたと思いますし、もっと以前から治療をしていれば、
と後悔をしてしまうニキビ跡です。
破壊された皮膚組織は、再び治ることなく、凸凹のままになってしまいます。

しかし、そう簡単に諦めることをしたくない方には、最大限の努力をすることで、
クレーターを目立たなくすることができるかもしれません。

加齢とともに、衰える肌に対して、肌周期を正常にしたり、
コラーゲンを多く摂ることで、肌のハリを出すなどの努力をしてみてください。

本来なら、それほど肌にハリがなかったとしても、
努力次第では、肌力を上げることで、凸凹を減らすことができます。

具体的には、ピーリング、ビタミンC誘導体、
コラーゲンなどを効率的に摂ったり、皮膚科などで、
適切な処置をしてもらうことで、肌そのものを変えることが必要です。

自分の出来る範囲で、経済的な事情と相談し、
思い切ってクレータータイプの肌をキレイにする事も良いでしょう。

このクレータータイプのニキビ跡は、10代のニキビと言うよりは、
いわゆる大人ニキビにできやすいと言われています。

また、たかがニキビと、たいした治療をしないことも原因とされています。

特に大人ニキビに関しては、ニキビ跡を作らないよう、
正しい治療をすることで、クレータータイプのニキビ跡を作らないようにしましょう。