ニキビ跡ができる赤ニキビ

Pocket

ニキビ跡は、どんなニキビでもなるとは限りません。
ニキビには、いくつか種類があって、その中でも
ニキビ跡を作ってしまうのが赤ニキビと言われるものです。

赤ニキビと聞いて、だいたい想像はつくと思いますが、
触ると痛い、赤く腫れたニキビです。

その前の段階のニキビに関しては、古い角質が詰まった程度、
毛穴の汚れを取ることで、ニキビ跡の心配はありません。

赤ニキビに関しては、皮下組織が破壊されていることで、
毛穴部分が化膿をはじめたり、肌そのものが凸凹になります。
当然痛いですから、手を触れることもないのですが、どうしても気になってしまう存在です。

ここで、下手に触ると、特にバイキンがはいることで、よりひどくなります。
体のケガと同じ事ですから赤ニキビの場合は、簡単に考えないこと、
キレイになおさないともニキビ跡は絶対といってよいほど出来てしまいます。

ニキビ跡を作らないよう、赤ニキビの処置と言えば、病院へ行き、じっくりと治療をすることが、ベストの方法です。
正しい治療で、赤ニキビを直すことは、将来の肌の状態を左右します。
すなわち、ニキビ跡をつくるか作らないかの選択になります。

ニキビ跡によっては一生肌に残ってしまうものもあります。
10代や若い時には、ごまかしが効きますが、歳とともに、
ニキビ跡がかえって目立つことになり、アンチエイジングをしたいなと思った時に、
ニキビ跡は大きな後悔として心に残ります。

老婆心からの忠告ですが、赤ニキビができたときには、
どうかニキビ跡が出来ないよう、正しい処置をしてください。