ニキビ跡とは?

Pocket

ニキビ跡とは、ニキビのあとの肌の傷跡です。
ニキビは皮膚の病気で、その傷をきちんと直していなかったため、
肌に色素が沈着したり、凸凹になったりします。
これは、ニキビが出来たら、必ずニキビ跡ができるものではなく、
特に自己責任において、ニキビ跡を作ってしまうといったほうが適切でしょう。

ニキビができたあとに、きちんと処理が出来ていれば、まずニキビ跡はできないと思ってください。
ニキビ跡ができる仕組みは、肌の奥にダメージをあたえてしまうことが、要因となっています。

ニキビは、思春期を迎える頃から出始めますが、10代まで、
すごいニキビ面の子が、その後キレイな肌をしている場合は多いのです。
では、ニキビ跡はできていない?

と思うところですが、よーく顔を見るとわかりませんが、10代の肌は、
よほど肌に悪いこと、例えばひっかくとか、かさぶたをとる、ようなことさえしなければ、
自分の肌力で、ニキビ跡を作らずにキレイにすることができます。

しかし、20代に入ってからの肌、ニキビに関しては、正しい知識で持って処置し、
最後の最後まで、時には治療と言う形をとらないと、すぐにニキビ跡ができてしまうとお考えください。
新陳代謝が活発な10代は、ある程度の肌トラブルは、自力で直すことができます。

10代の肌とそれ以降の肌の違いは一目瞭然です。
さまざまな要因が重なってできるニキビの跡。
出来れば作りたくない、というのが多くの方の願いでしょう。

ニキビ跡を作らないために必要なことなどはしっかりと知っておきましょう。