Pocket


背中ニキビができやすい食生活をしてはいませんか?

ふと、背中を触ったら背中にニキビができていて。驚いたという人は多いでしょう。確かに背中ニキビはかなり気付きにくいです。
毎日背中ニキビを防ぐために、ちゃんと体や髪の毛を洗ったらしっかりすすいて。お風呂あがりにはしっかり保湿しているのに。

なぜ背中ニキビが消えないのでしょうか?
もうヘタしたら皮膚科に行こうかな…と考えてしまうレベルです。
でも、汚い背中を医者に見られるのは恥ずかしい!

では、背中ニキビができてしまうもう一つの原因を紹介します。
それは、背中ニキビができやすい食生活をしているからです。

食生活の偏りは体に現れやすいものです。つまり、肉ばかり食べていると血液がドロドロになってしまい、血液の循環がよくありません。
つまり、体の中からも改善していかないと、背中ニキビはなかなか治らないというのはそこにあるのです。

対策方法としては、ビタミンAをとったり、ビタミンB2などをとるようにしましょう。レバーや納豆、カマンベールチーズなどが摂りやすいです。

また、できてしまったニキビにたいしては、ビタミンCが一番有効です。
ビタミンCはニキビ撃退の強いみかたです。ブロッコリーやレモン、いちご、柿、キウイ、ホウレンソウがおすすめです。

そして、プラスして。ビタミンEもニキビには嬉しい効果をもたらします。ビタミンEは、ナッツ類やたらこ、
モロヘイヤ、カボチャなどに多くふくまれています。モデルさんなどがナッツ類を持ち歩くのは。ビタミンEをとるためなんだそうです。

背中のニキビは病院へ できないときにはこんな努力を

背中のニキビは病院へ できないときにはこんな努力を
背中にニキビで出来てしまった場合、治し方としてはいくつかあります。
手が届かない範囲であれば、すぐに皮膚科に行くことをオススメします。
ニキビは放っておくと、だんだんと大きくひどくなってしまいます。
自分で何もできない時には、病院での治療が一番良いでしょう。
実は顔などのニキビに関しても、病院に行くのがベストです。
そこで指導された通り、薬を服用したり、軟膏を塗ることで、キレイに早く改善されることでしょう。
ただ、その手間がなかなかできないという方は、とにかく背中をいつもキレイにすることです。
とはいっても、高級なボディシャンプーなどではなく、普通の石鹸でも良いですから、こすらずに洗って、必ず石鹸かすを残さずすすぐことをオススメします。
そして、汗をかかないというのは、できないことですから、汗をかいたらすぐに習慣をつけてください。
下着なども吸水性の良いものを着る。
これは、汗をかいてもすぐに吸水をしてくれることで、拭く手間が省けます。
寝ている時の汗ですが、これは拭きようがありません。
このときには、吸水性の良い生地のパジャマを来て、毎日洗濯したキレイな物を身に付けることをオススメします。
これだけでも、背中のニキビを改善することができます。
できれば、朝もシャワーを浴び、汗を流してしまうと完璧です。
とにかく、背中ニキビを改善できることはやってみましょう。
それでも治らなかったら、市販薬などを使用してみるのも良いでしょう。